花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

研修レポート1:津和野・・・殉教地を訪れて

津和野のを訪れたのはこれで2回目です。

けれども1回目は私が幼少だったこともあり、あまり覚えていません。

この津和野は山陰の小京都とも言われており、その名のとおりとてもきれいな場所でした。

1181844b.JPG4795937a.JPG







[夜のメインストリート]

ad8dac98.JPG







[ライトアップされた津和野カトリック教会]


そして殉教の地でもあるこの津和野の乙女峠を訪問しました。

64357ac7.JPG


8b8b1a19.JPG







[乙女峠に立てられた教会]



わたしは、これまで、江戸時代250年間にも及ぶキリスト教禁教令が明治時代に解かれたのは諸外国との
貿易&条約を結ぶため
のものだとばかり思っていました。

また私は学校でそう教えられてきました。

私は学校の教科書において、「明治時代にキリスト教が布教できるようになった」という一文しか見たことがありませんでした。


けれども、真実はそんな単純なものではなく、明治の初期にキリシタンが迫害されていることを諸外国が知り、

それに抗議された岩倉具視などが津和野や他の場所で行われたキリシタンを迫害していることがそんなに重要なことなのかと思わされ、

やっと重い腰を上げてキリスト教の禁教を掲げた高札をおろした
のです。

つまり、禁教令が解けたのはこのキリシタンの迫害・殉教者たちがいたからなのです。



ちなみに木戸孝允は長崎を訪れた際(まだ禁教令が出されていた頃)、「キリシタンの何人かを公開処刑して見せしめにしよう」と言及しています。

けれども長崎の外国社会を見てそれをやめたそうです。

なんとも真実は残酷なものでしょうか。


幕末などは美しい話ばかり聞かされますが実はこんな真実もあったのです。

やっぱり現場に行き、自分で勉強する必要があると私は思いました。

いずれ、このキリシタン殉教については教会でプレゼンしようと思っています。

ちなみにこの津和野では36人が殉教しています。

その中には、

5歳の女の餓死

極寒の津和野の真冬の中、裸で縦横1メートルしかない牢に入れられの獄死

7ddf1ac7.JPG





a8e2990d.JPG






鞭うちをされ続けての死

などがあります。



また頑として改宗しない人がいれば、その家族(病弱な弟)を狙って悲鳴を出させて獄死させるなど・・・今では考えれない拷問が
あったなんて

・・・同じキリスト者としてこの事実をこれまで知らなかったことを私はとても恥ずかしく思いました。

また同時にどんな宗教でも信教の自由が与えられていることにとても感謝しました。

キリスト教徒もある時代においては他の宗教に対して迫害を行いました


けれどもこれからは宗教が違ったとしても、そんなことが起こらないように、私はこの事をきっかけに次の世代の人たちに少しでも伝えていければと思っています。

e937958f.JPG







COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
【最新記事】
(02/26)
 
(07/10)
(08/16)
(08/15)
(08/13)
(08/10)
(08/03)
(07/28)
(07/24)
(07/22)
(07/20)
(07/17)
(07/12)
(07/10)
(07/08)
(07/07)
(07/06)
(07/04)
(07/04)
(07/03)
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/25)
(06/21)



花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 11 12
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[08/15 小河瞭太の母です]
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
[01/13 丈達]
[05/02 stephano]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /