花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

6月・7月:イベント情報

※どうぞお気軽にご来会ください。

◆花園教会:

・6月25日(日)特別集会&国際交流(講師:アンダーソン・ゴディ師-コロンビア人牧師)
・7月9日(日)
午後1時半~午後4時 オープンカフェ(子育て応援、託児あり)
・7月30日(日)
午後1時半~午後4時 オープンカフェ(子育て応援、託児あり)


●花園教会水族館:(平日は予約制)
・25日(日)は特集の為、お休みです。
・7月1日(土)
は午後2時~午後5時の開館。
・7月2日(日)は午後3時~午後5時の開館(牧師不在)


▼花園ジョイフル子ども会:
・6月定例会は毎週日曜日午後1時~。
・7月16日(日)水鉄砲大会


 

≪花園教会のトレンド
生きた魚を見たことがないという子どもの声から始まった、、
居場所のないこどもが1人でも来れる入場無料
【バックヤード系・ 花園教会水族館 】

開館日・最新情報・ご予約等は花園教会水族館専用HPから

となりの人間国宝さんに認定!されました。

   


◇子育て・ママさんコミュニティを応援する◇
子どもの居場所
ー京都市認定【 花園ジョイフル子ども会】ー




◇花園教会の場所:成り立ち◇
こちら(花園教会HP)

牧師ってどんな人??⇒牧師のプロフィールはこちら 

コロンビア牧師先生を迎えての花園教会特別集会!

一年に一度、花園教会では講師の先生をお迎えして特別集会が行われます。


今年は、コロンビア出身で現在、沖縄で伝道されているアンダーソン・ゴドイ先生をお迎えしての特別集会でした。

先生は、母国語のスペイン語そして英語が堪能でポルトガル語も理解でき、現在目下、日本語を勉強中です。

初めて日本語で礼拝のメッセージをされました。




先生は前日まで仕事でフィリピンに行かれての強行軍でしたが、ホントにわかりやすいメッセージをしてくださいました。

本日は新来会者も多く、また子ども達や青年もたくさん集まってくださり、大変賑やか特集となりました。



プロジェクタを使ったメッセージはとても新鮮でした。


聖歌隊の奉仕も感謝です。

午後からは、子ども達も一緒になって【国際交流】の時間となりました。

コロンビア共和国の文化や人そして天候・生態系の話もしてくださいました。



水族館をやっている身としてはアマゾンの話はホントに興味津々でした!

コロンビアのクイズも大変盛り上がりました!!

なんとか拙い、通訳でしたが頑張れました!




花園教会に通う青年の証もあり、

「神はいるのか?」という疑問から、信仰を持つまでの信仰の課程の話を聞かせていただき、子ども達も真剣に聞いていました。

また、ウクレレ演奏もあり、個人的にはウクレレ演奏で聞く【カノン】はとても素晴らしく、アンコールでは、子ども達が好きな【スーパーマリオ】を弾いてくださいました。



懇親会では先生のコロンビアでのお話し、先生のキリスト者になっていく証を話してくださいました。



夕方からは青年たちとの懇親会、インドカレー屋での楽しいひと時が与えられました。

   

前日の予想に反して雨のそんなに降らずによき時が与えられました。

心から感謝いたします。











プラレールとコラボ!水族館の車窓から!

水族館の車窓から




花園教会水族館を見渡せる電車の運行です!!

この画像、、なんと!プラレールなんです。

プラレールの車両にカメラが2台ついており、

・運転席

・車両の車窓

からの視点で見る事が出来ます。

まだ試験段階ですが、来館された方々にも運転していただけるよう準備していきます!

ご期待ください♪


来館者の様々な表情ー表情を全く変えない子が、、、

花園教会水族館もリニューアルオープンしてから早半年が過ぎ、今年目標にしてた来館者1000名をお陰様でGWの前後で超えました。

感謝!感激!でございます。



それを記念してそろそろ水族館記念バッチの第2弾を作ろうかな~とも企画中です。

そして遠くは東京・神戸・名古屋からとはるばる来館されてさらに感謝!感謝!でありますが、

最近は地域の子どもだけでなく、学区外の子ども達のみの来館もしばしば見受けるようになりました。



これは結構凄い事ではないかと個人的には思っております。

自分の小学校生活を振り返ってみると、自分の学区以外に親なしで足を運ぶことはとても勇気がいる事ですし、外国にいくような感覚だったのを覚えています。

私の時代は、別の学区に行く事は、喧嘩上等!という感じでもありましたが、、、

いやー、そんな外国感覚の中で当教会水族館を選んでもらって嬉しい限りです!

先日は、中学生の2人組の来館がありました。

小学校の時によく来ていた子が友達を連れてきてくれたので、色々と説明してあげました。

しかし、顔色ひとつも変えず、

内心説明していて「全く興味がないのかな?面白くないのかな?」

と思いながらも、色々と説明、

特にカミツキガメが噛んだら絶対に離さないという事を実感してもらうために

【カミツキガメと綱引き!】

という他では絶対やっていないイベントをやったのですがそれでも顔色変えず。。。

そして帰っていきました。

自分的にはチューブを使った【カミツキガメと綱引き】は、『結構、面白いイベントだと思うんだけどなあ、、、なにがいけなかったのかな、、』

と自問自答してその日は過ごしました。


すると次の日、そろそろ閉館しようかと思ったときに

中学生のグループが
「まだ空いていますか?」

と声をかけてきました。


なんと、その声をかけた人物は昨日、全く顔色変えなかった子じゃないですか!?

「これが一番すごいんだぜ!!」

と、めちゃくちゃ笑顔でカミツキガメを友達に紹介していました。

前日の事柄がとても楽しかったようです。

人ってわかんないもんだなああ、と思いつつ、


様々な表情が見れていいもんだあ、としみじみ。



ちなみにアメリカの番組でカミツキガメが離さないのかを自分の手を噛まして実験した映像がありますので、よかったらご視聴ください。



さすが本場アメリカ!バカはホントにすこぶるバカですね!!



https://www.youtube.com/watch?v=F57z6ya-rnA&feature=youtu.be&t=6m20s
<リンク先>


ちなみに最後はアルコールで離させていました。

今日は父の日!

今日は父の日

父の日は1910年、アメリカから始まりました。

ジョン・ブルース.ドット夫人が彼女を男手1つで自分をそだててくれた父の事を、父の誕生月の6月に父親に感謝し覚える礼拝を持ってほしいとその教会の牧師先生に依頼したことから始まったのです。

花園教会には子ども達も集っていますが、その中には父親のいない家庭の子も多い事もあり当教会では、教会全体で盛り立てています。


今年は、初めて立食パーティ形式を採用。





担当の方は前日から準備してくださいました。




子ども達は学校の行事があり少なめでしたがそれでも参加してくれました。

絵本の読み聞かせや、昔の京都の写真を見ながら想い出話、チーム戦でクイズバトル!





それぞれ楽しい時となりました。


父親のいない子にとっても「父の日」は楽しい想い出の詰まったときとなってくれたらなあと思います。

最後は子ども達から男性陣に「花」のプレゼント!!


嬉しかったですね~!







水族館・父の日・色々!

今日も水族館への来館や子ども会の子ども達が集まってきました。

多くの方々の来館・来会感謝です。



カミツキガメの紹介もし、カミツキガメと綱引き体験もしてもらいました(笑

どれだけ、噛む力が強いのかを知ってもらいました。


アメリカでは自分の手を噛ませた人もいますが(苦笑、、、

また明日は父の日という事で、教会では地域の子ども達を招き共に祝う父の日愛さん会が行われます。

父の日は教会から始まったのをご存知ですか?

父の日の創設者のジョン・ブルース・ドット夫人は、
【すでに他界したお父さんに感謝をささげる礼拝をしたい!】
という想いで始めたのです。

今日はその準備作業を朝早くからしてくださいました!



明日が楽しみです♪ 飛び入り参加もOKですよ!午後12時スタートです!


それから、水族館も色々とマイナーチェンジしています。


触れ合いルームの水槽にスジエビが思いのほか繁殖しています!


とても珍しいセマルハコガメの水族展示も始まりました!


クビナガガメの展示も行われ、愛嬌ある顔が人気です!

その他にもこんなマイナーチェンジを展開中!!



プラレール!?

出来上がりをお楽しみに!!




花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 7 9 10
12 13 14 15 16
20 22 23 24
26 27 28 29 30

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
[01/13 丈達]
[05/02 stephano]
[03/27 イ・クメン]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /