花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

「あなたへのメッセージ集」記事一覧

【完全な者になりなさいとは?】礼拝メッセージ

聖書箇所:【マタイ福音書5章46~48節】 

説教題:【完全な者になりなさいとは?】

--------------------
皆さんおはようございます。
「完全な人になりなさい」という事はどういうことなのでしょうか。
イエスは、彼の伝道期間、ずっと愛について語ってきました。
その中で有名な箇所は「よきサマリア人」ですよね。
(参考:ルカによる福音書10章25節~37節)
イエスは
36節で「さて、、、隣人になったのは誰でしょう。」と語ります。
ここではイエスは、誰がえらいか・立派か!などとはいっていません。

これはとても不思議な事です。
イエスは、誰が「このとき」「この場所で」「この人」の隣人になったのか?と尋ねているだけなのです。
決して、ここでは立派なふるまいをしなさいとここで解いているわけではないのです。

イエスは、聖書の中で完全な倫理を私たちに伝えています。
ただ、だからこそそれは私たちは実行不可能なものなのです。

イエスはそのような中で、完全なものになりなさいと、私たちに完全を要求されています。
しかし、イエスは、このサマリア人のたとえからもわかるように、行動の基準・規則というものを教えてはいないのです。

つまり、「あのサマリア人のようになりなさい」・「あのサマリア人のように立派になりなさい」という行動の基準や規則は私たちに伝えてはいないのです。

イエスは、誰が「このとき」「この場所で」「この人の」隣人になったのか?と尋ねているだけでした。

ここで重要なのは、イエスが、あなたの人生において、またその隣人の人生を感じなさいといわれている事です。

私たちはこの箇所を読むときにサマリア人だけの事しか頭に残りません。


そんな中でではレビ人、祭祀、盗賊は、悪者扱いです。

でも彼らにも人生はある。

それを感じる時に、見えないものも見えてくるのです。

そうすればどのような状況に置かれ、どのような状況にあったとしてもその隣人の人生を感じようとすればそこから一歩が新しい事が生まれていく。
そしてそれは主に出会う機会も与えてくださるのです。
そして私たちがそのイエスの愛の倫理に気づくとき、わたしたちがどのような状況にあったとしてもつぶされず、一歩でも新しい目標に歩み続ける事なのです。
これをドイツの神学者カールバルトは「不可能の可能性」と呼びました。
私たちキリスト者の悪いところは、聖書をよんだり、またインスピレーションを与えられるとすぐにその人を変えよう、是正しようと考えます。
また求道者や教会に来ている人であっても、神を受け入れる事は全部自分の身辺整理をしてから、あのサマリア人みたいな人になったらクリスチャンの資格が与えられると勘違いしてしまう事です。
しかしイエスはそうではない。イエスは出会いの招きをしているのです。

完全なものになりなさいというのは、自分が不完全であるものであるという事をしり、完全なイエスを知り、信じていくものの事。
私たちは現代社会の中に生きていますが、この社会は、善と悪にしっかりと分ける事はできません。
ラインホルトニーバーは、現代社会とは善と悪がぐっちゃぐっちゃになっているからこそ生きたい社会であるといいました。
そう私たちは、このぐっちゃぐちゃになっている社会の中で、どんな立ち位置に立っていたとしても、
自分の人生を感じ、他者の人生を感じる時、そして神の存在を知る時に
わたしたちがどのような状況にあったとしてもつぶされず、一歩でも新しい目標に歩み続ける事ができるのです。
詩編10篇14節にこうありました。
「不運な人はあなたにすべてをおまかせします」
やっぱり人間、一週間のうち少しは静まって聖書を読むことは必要だなあと思わされたんですが、
これはすごい言葉だなと思いました。
普通、不運だったら誰にも任せられないだろうと思うんですが、違うんですね。聖書は
「そういうときこそ主にすべてをまかせる。」

なんだか勇気づけられました。癒されます。
そして自分の思い足りなさがわかります。
まさに自分の不完全を知る事が出来るからこそ、完全な主にお任せする事ができるのです。
だから私たちはどんな状況にあっても前に進めるんですね。
あのマルティンルターの言葉もそうですよね。

【明日終末が来ようが今日りんごの木を植える。】

自分の考えでは到底できないですよ。でも完全な主にお任せするという信仰を持っていくときに自分のすべき必要な事が与えられ、そして普通なこのような状況で人は動けないけれども、一歩進むことができるんですね。
これがキリスト者の醍醐味、存在の深みですよね。

主イエス・そして神は、あなたを「よきものとし、喜ばれるものとし、完全なもの」、新しい者とされるんです。

まさにそこには喜びなんですよ。

3月には受難節を迎えます。私たちはその前に主イエスが私たちになしてくださったことをもう一度信じて歩んでいきたい、そう願う者であります。
主の祝福と平安があなたにありますように!
祈ります。


「不安」からの脱却!

皆さんあけましておめでとうございます。
2017年が始まりました。
2016年は私たちにとってどのような年だったでしょうか。
それぞれ様々な想いが錯綜する年であったと思いますが、花園教会にとってはチャレンジと多くの方々の支えが与えられた年となりました。


昨年10月30日に花園教会水族館がリニューアルオープンし、また花園教会は新たな一歩を踏み出しました。


私たちがこのような一歩を踏み出したのは、花園教会・そして主の福音を多くの人々に知っていただくためであり、また今来ている子ども達、特に苦しみを持っている子ども達と寄り添う事の形を示す事でもありました。


そしてすでにその事柄のひとつとして毎週水曜日に不登校者向けの学習会をこの12月から行っています。


また水族館のリニューアルオープンに合わせて聖パウロ館(集会所)の使い方も変わり、まだまだ発展途上ではありますが、「コケ玉教室」を開いたりまた今年からはオープンカフェも月1回程度行う予定です。


さて私たちはこのようにこの現代社会の中でチャレンジが与えられているわけですが、

アメリカの神学者であるラインホルトニーバーは、人間には「存在の深み」があるといいます。


それは、理性など私たちが行動する事によって神が私たちを作ってくださったことの存在を知る事も一助になる一方で、

その存在の深み、つまり神の啓示については信仰によって与えられており、それを理性で実証する事は難しい。
例えば、友情とか愛というのは目では見る事が出来ず、実証する事は出来ないけれども、私たちはそれを信頼する事によってカバーします。


これが「存在の深み」です。
つまり私たちで言えばこれまで聖パウロ館を建設し、水族館をリニューアルして自分たちでできる事を行ってきたけれども、


そこに主の恵みが与えられていくという事柄は信仰であり、

それはまさに「存在の深み」といわれるものなのです。
しかし私たちは、主の恵みが与えられている事を信じ、

働く中で、信仰によって信じつつも、それを目に見える形で求める事によって、あるものが生まれるとニーバーはいいます。
それは何かというと「不安」です。
私たちは目で見える形を求める時、自分が不完全であるに拘わらず、
完全な行為、完全な正義、完全に善い人、完全な知識を求めます。
けれども、それが不完全に終わってしまう。


私たちは精神的に考える存在ですから、そのような不完全に対して、人生の意味を求め、理由をしろうとします。


勿論、そこで見つかる答えもあると思います。しかし、それは見出したとしてもその答えはいつ消えるかわからない。
まさにそのような不安が私たちにはあるのです。
2017年は2016年の取り組みをより具体的にしていく年でありますが、そのような中であるからこそ私たちは「不安」を持ってしまいます。
社会的にもそうですね。現在の社会情勢なども大きな不安がいっぱいあります。
しかし、そんな不安をもっている者だからだからこそ私たちは聖書に立ち返りたい。
今日の箇所は、パウロが教会の在り方を示した聖書の箇所です。
またパウロ自身は、迫害・投獄などを経験する中で大変な中、人間としては不安を持っている中でも信仰によっては力づけられていく根拠が記されています。
まさに不安に対しての光を示しているみ言葉が第二テモテ1章7節

「神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです」です。


私たちはこのみ言葉をこの2017年最初のみ言葉にしたいと思います。


2017年がどのような年になるか私たちには全くわかりません。
しかし、私たちは理性によって行動しながらも、存在の深みを信仰によってしり、み言葉によって立ちたい!そう思うのです。


私たちが不完全である以上、不安がなくなる事はありません。


けれどもその不安に勇気をもって打ち勝つことはできるのです。
皆さんで読みましょう

「神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです」
神は、主イエス・キリストを通して私たちに力と愛と思慮分別の霊を皆さんひとりひとりに与えられています。
だからこそ、今年も2017年もこのみ言葉を通して、主を信じて進んでまいりましょう!
主の祝福が大いにありますように!
祈ります。

論文を執筆しました。

私も卒業した日本ナザレン神学校・神学研究会では神学の学術誌として「神学思潮」を出版しています。



今回、若手の論文シリーズの形だと思いますが、その中で僭越ながら私も執筆させていただきました。

タイトルは
「我々の生活の座を知るために -カール・バルト 和解論より」
英訳:「To know "Sitz im Leben" in our life」

 
です。

一冊1000円です。

もしご入用の方がおられましたら、私か直接、ナザレン神学校にお問い合わせください。


この4月から京都大学大学院で、アフリカの紛争問題を研究する予定なのでフィリピンの紛争問題に関わってきた者としてはどのような共通点があり、またどのような解決の道があるのかを研究していきたいと思っています。



京都YMCA『京都青年』12月号執筆しました!

日ごろから京都YMCAにはお世話になっていますが、


今回京都YMCAが発行する『京都青年』の紙面に執筆させていただきました。

感謝です。多くの方々に読んでいただければ幸いです。



紙面の内容は以下の通り。

-----------------

「苦難の中にこそメリークリスマス!」
メリークリスマス!

クリスマスは、イエス・キリストの誕生日。サンタクロースもキリストを信じる一人でした。私達がイメージするクリスマスは、クリスマスツリーやクリスマス装飾品を飾り、家族や知人と一緒にケーキを食べる華やかなクリスマスではないでしょうか。

しかし世界で最初のクリスマスは、そんなイメージとは程遠く、キリストの誕生前後は大変過酷な状況だったのです。少しその物語をお話ししましょう。

イエスの誕生前、許嫁マリアが結婚前にイエスを身ごもっている事を知った夫となるヨセフは苦悩し、表ざたになる事を恐れ離縁しようと決心します。

しかし天使は夢の中でヨセフにキリストの誕生をこう預言しました。

「恐れるな!見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」。
【インマヌエルとは、「神はあなたと共におられる」という意味】
天使のお告げを信じ、ヨセフはマリアと結婚。

そのような中、社会状況は目まぐるしく変わり、ローマ帝国より全住民に住民登録をするようにとおふれがでます。

マリアは身重でしたが、登録の為に夫婦共々、100キロ以上離れたベツレヘムの町に向かうのでした。

そして時が満ちてイエスを産もうとするのですが、産む場所がありません。

宿屋を探し回りようやく、臨時授産場となる場所を見つけたのがなんと馬小屋でした。

そして無事に出産。生まれたばかりのイエス・キリストは飼い葉おけ(牛馬の飼料を入れる容器)に置かれました。ここまで読んでも不運の連続です。

でもまあキリストが誕生したと思えば「めでたしめでたし」、
と言いたいところですが実はまだ続きがあります。



イエス誕生後、ヘロデ大王が自身の地位が脅かされるとして、イエスを殺そうと幼児虐殺を兵士に指示したのです。

このためヨセフとマリアはイエスを守るためにエジプトに難民として逃れたのでした。これが最初のクリスマスなのです。あまりにも過酷すぎます。

けれどもこれはこうも言えるのです。

そんな苦しみ・悲しみ・恐れをキリストは知っておられるからこそ、あなたの苦しみ・悲しみ・恐れをキリストは理解しあなたに寄り添われるのです。

そして苦しみの中に光りを、悲しみの中に喜びを、恐れの中に希望を与えてくださるのです。
あなたはもう一人ではありません。キリストはあなたと共にいてくださいます。

苦難の中こそ真のメリークリスマス!
日本ナザレン教団花園キリスト教会牧師 篠澤 俊一郎

神さまと共に生きる 創立55周年記念特別集会

今週の日曜日は、本町教会の梅實淳一先生を講師に花園教会創立55周年記念礼拝・特別集会が行われました。

テーマは「神さまと共に生きる」

1コリントからメッセージいただきました。


   

 


今回は梅實先生ファミリーも来会いただき、楽しい時が与えられました。

 

午後からは、コリントの教会の聖書の学びのときが与えられました。

    
教会員の方の、「癌の闘病生活の中でキリストを受け入れる信仰の証」などもありました。


新来会者の方々も与えられ、恵まれたときとなりました。


聖パウロ館にて立食パーティー形式での懇親会です。


感謝です。

【考えてほしい!】ODAの軍事関連出資・東大の軍事研究解禁など、10年・20年後を考えてみる。

今日は少し真面目な話をしたいと思います。

今日本ではODAを軍事関連に使用することも決定し、今日のニュースでは東大が軍事関連の研究を始める事が報道されました。


これはどういう事が出てくるのかというと、人を殺す武器にmade in Japan が出てくるという事です。

ほとんどの日本人がこれに対してピン!と来る人はいないでしょう。

なぜなら紛争地に行ったことがないし、これからも行く事もないでしょうし。


ただ、私は10年後・20年後について大きな不安を感じています。

ちょっと10年後・20年後を自分なりにシミュレーションしてみました。

10年後・20年後、日本は技術が優れている分、軍事関連でも台頭してくれるでしょう。

世界のトップになるかもしれません。


そんな中で、世界へと出ていく青年たちがもし紛争地にボランティア活動に行ったらどのように思うだろうかと思わされます。

日本から人を助けに、紛争地に人道支援に行く中で、まず見るのは武器によって家族・友人・子どもを殺された人たちの現状でしょう。

そしてそこで話を聞くはずです。


なぜ紛争が起こったのか?

そこにはどんな武器が使われていたのか?



私も実際に調査の中でそんなやり取りが普通にありました。

今は紛争の為に使われている武器はアメリカ製が多い。


ただ今後は、日本製も出てくるでしょう。


もし、人道支援に加わる日本人・若者が、日本製の武器によって家族・友人・子どもを殺された人たちに出会ったとしたら、目の前にそのような人たちがいたら、その日本の若者はどう感じるでしょうか。

私なら確実に萎えますね。

私が紛争地において、紛争のきっかけが農民の格好をし他の国の最新鋭の自動小銃を使って銃を乱射した話を聞いたときには大いに萎えた経験があるからです。

しかし、これがもし自国の武器だったら、、、、


青年たちはこの矛盾に耐えられないと思います。一方では人道支援、、一方では日本製の武器で殺される。


大いなる矛盾であり、何を信じていいのか分からなくなるでしょう。


そんな自暴自棄になって帰国した青年たちから愛国心が沸くはずもなく、日本国内で様々なモラルの問題が出てくるでしょう。


そうなってくると武器の正当性を語る必要が日本政府には出てくるだろうし、そうなると手っ取り早いのは武器を持たせることです。


ですから、徴兵制というのもあり得る事だと思います。


他国でも武器の正当性を持たせるために、武器を持たせるんですから。


これらの事は私のいち個人のシミュレーションでしかありません。


ただアジア・アフリカ、紛争地・貧困街、釜ヶ崎、ホームレス支援活動を経験してきた自分としては100パーセントあり得ないという事が断言できない不安が大いにあります。


不都合なものと戦わないといけない時もあるでしょう。

家族を守るため戦わないといけない事もあるでしょう。

しかし、そこには大いなる責任が課せられるのです。

死は、憎しみ・怒り・嫉妬を生みます。

軍事関連に踏み出すという事はそういう事です。

その責任を負う決意が日本人にはあるんでしょうか。


奴隷解放をきっかけにアメリカで南北戦争が起こりました。

これはアメリカ史上最悪の戦争で、このときの死者数はのちの戦争でも上回ってはいません。

リンカーン大統領はその南北戦争の最中の2期目の大統領就任演説でこう言いました。



英訳
「Fondly do we hope ― fervently do we pray ― that this mighty scourge of war may speedily pass away.

Yet, if God wills that it continue until all the wealth piled by the bondsman's two hundred and fifty years of unrequited toil shall be sunk, and until every drop of blood drawn by the lash shall be paid by another drawn with the sword,

as was said three thousand years ago, so still it must be said, "The judgments of the Lord are true and righteous altogether."」

和訳
「われわれが愛情をこめて希望し、強く祈るのは、神による戦争という悪がすみやかに過ぎ去ることです。

しかしながらもし神が、奴隷が250年間にわたる無報酬の苦役で蓄積された富がなくなるまで、

そして、むちにより流された血の一滴一滴が剣による血であがなわれるまで、戦争を続ける意志があるならば、3000年前に言われたとおり、

「しかしながら神の裁きは正しく、絶対なのである」と現在でも言わなければなりません。」(katokt 訳、制作:バウッダ、公開日:2003年10月26日) 


奴隷によって得た富は、流される血によって贖わなければならないというこの大統領の決意。

そしてその大統領も南北戦争末期、暗殺されました。


リンカーンが息を引き取った建物。

日本も武器の提供で得た富を、流される血によって贖われなければならないときが来るかもしれません。


今、なんとなく武器解禁になりつつある中で、もう一度私たちは、大いなる責任が日本国全体にあるという事を私たちは理解する必要があるのだと思います。

  
暗殺現場のフォート劇場。

あなたに伝えたいメッセージ

今日は父の日でした!

教会でも楽しいひと時が与えられました。


https://www.facebook.com/media/set/?set=a.620175107993106.1073741843.100000018687773&type=1

【フェイスブックのアルバムです】


6月第一日曜日のメッセージ

「恵みと真理はイエスから来る」

ヨハネ福音書1章1節~18節

 








花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 7 9 10
12 13 14 15 16
20 22 23 24
25 26 27 28 29 30

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
[01/13 丈達]
[05/02 stephano]
[03/27 イ・クメン]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /