花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

「花園ジョイフル子ども会」記事一覧

すごいぜ!坂本先生講座:その③<ヒアリって!?>

坂本先生講座もこれで最後となりますが、

最後は子ども会にてお話ししてくださったことをまとめましょう!

子ども会では「ダーウィンがきた」の【ヒアリ】の回を見ながらご本人に開設いただきました。

なんて贅沢な時間!!




坂本先生の登場シーンや撮影ロケの裏話なんかも楽しく語ってくださいました。


ちなみにこの映像は、大きな蟻に見えるのは蟻のガラスの模型です。

ヒアリは目が見えず、臭いで感知する様子を捉えたもの。

ですが、このガラスの模型がヒアリと間違えられるかも?という事で採用されなかったそうです。


ともあれヒアリは、いちコロニー20万匹いるという事で大変なことです。

ちなみに3人に1人は毎年ヒアリに刺されているといいます。

ハチに刺されるより確率が高く、刺されて続けていくとどんどん重症化していくので恐ろしい虫です。

いろんな方法が試されていますが、すべてにリスクがあるとの事でした。

特に天敵用法は、生き物ですので人間の意図した行動をするとは言えないのです。

ちなみにハブを倒すために奄美大島にマングースを政策として連れてきましたが、

マングースは昼行性でハブは夜行性なので出会う事すらないという根本的な事が大問題に!

マングースはハブを食べず、天然記念物にアマミノクロウサギなどを襲い、逆に大きな被害に。


ヒアリの話題に戻りますが、子ども達はヒアリがイカダを作るというのを映像をみてびっくりしていました。


そして最後に、坂本先生のサインと記念撮影をして終わり!



坂本先生からヒアリの標本をいただきました!花園教会水族館で展示予定です!

これとは別ですが。

坂本先生、本当にありがとうございました!


ちなみに青いダンゴムシの話もでてきましたが、実はダンゴムシ自体は外来種です。明治時代にヨーロッパから入ってきました。

ですから自分の幼少時代は、、、、という概念で生態系を語ると大変なことになる事もあるのです。

つまり幼少時代から外来種が多かったら、、、

また青いダンゴムシは神戸でよく見つけられるとの事でした!










すごいぜ!坂本先生講座:その①<外来種ってワルモノなの?篇>

この2日間、国立環境研究所所属でヒアリ研究の第一人者でアニメ:「けものフレンズ2」などでも生き物生態の監修をされている坂本洋典先生が花園教会にて講演してくださいました。

坂本先生は篠澤牧師と20年来の友人。


ボランティアさんと一緒に!

ちなみに脱力タイムズなどに出演されている五箇先生は直属の上司との事。

土曜日はNPO法人NCMジャパン・花園ジョイフル子ども会・花園教会水族館主催の

【すごいぜ!昆虫博士のお話し会】。

こども:33名、大人30名という大変盛況な講演会となりました!



とても印象的だったのは

今の日本における外来種=悪 という構図に対して坂本先生は

「わたしたちの食事の中で多くの外来種を食べています」という事で

【トマト・ジャガイモなども外来種。これらを私たちは悪と言って食べないでしょうか?】


確かに、その通り。ユニークかつわかりやすく、そしてするどい質問に子ども達に納得。

そして日本発の侵略的外来種として「ワカメ」を紹介。

私たちにとっては「お味噌汁」で大変お世話なっています。

じゃあ、この日本で親しまれたワカメを悪と言えるだろうか?


私たちがすべきはその土地・土地における生態を知って、広がってはいけない環境においてはそれをしっかり守っていく事だという事。


子ども達にとっても強烈なメッセージになったのではないでしょうか?


最後に、けものフレンズから派生したニコ生「どうぶつ図鑑」より、今回学んだどうぶつを図鑑にしていこう!という企画も行われました。

みんなの参考にした「カミツキガメ」図鑑


そして、花園教会水族館推薦図書である「侵略!外来いきもの図鑑」リーフレットも配布され、




講演横のスペースでは、この本に出てくる外来種(本物)などを展示しました。





子ども達もリアリティを感じていたようです。

最後には坂本先生が子ども達にプレゼントされたアリに関する絵本のサイン会も行われました。



絵本を通して動物・特にアリに対する生態を多くの子ども達に届けたい!という活動を坂本先生はされており、その活動の募金も行われました!



ちなみにこの活動に熱心に協力している方は北海道のキリスト教会の牧師先生との事。

びつくりです!


続く。




とうとう明日!!

坂本先生をお呼びしての講演会がとうとう明日になりました!!

「すごいぜ!ダーウィンがきた」昆虫博士のお話し会

【外来種の生き物ってワルモノなの?】

垂れ幕も出来上がりました!



すでに応募は締め切っておりますが、50名以上の方の来場となる予定です。

会場めいいっぱいですのでトラブルがない事を祈ります!

ともあれ、明日が楽しみです(^^♪




世代交代!

わたしがこんな事を書くのは変な感じですが、子ども会も水族館も世代交代がおこっています。


子ども会ボランティアリーダーも大学院生から大学1年生に移り、水族館ボランティアも大学4年生から高校生へと移りました。


礼拝のバンド演奏も大学生から小学生&中学生バンドに移行しています。


順調に世代交代がなされてホントに嬉しいと共にホッとしてしています。

ただこの世代交代があるのはこれまでの青年たちがしっかりやってきた裏返しなんだなあとしみじみ感じさせられています。

ただただ感謝しかありません。

さて、そんな中水族館も団体の方、親子連れ、けものフレンズ「どうぶつ図鑑」のファンの方などが来館くださいました。


今日は閉館後、一件の電話があり

「孫が先日はお世話になりました。とても嬉しくて日記を書いているのですが、、、」

と生き物の名前を教えてほしい!と連絡がありました。

子ども達の心にもしっかりとここでの体験が刻まれているようで嬉しいですね。

さてさてこの3月は別れが多い季節ですが、今週も乗り切ってまいりましょう!

ちなみに花園教会水族館が右京区区報で紹介されました!








ブログチェックとリピーターに感謝!!

今日は、2人の青年の門出を祝いました。

そちらの様子については明日記事にしようと思います。

さて子ども会、水族館ですが、本日は子ども会・水族館共に本日は1時間という短い開館だったにもかかわらず、

子ども達もかなり集まり、また水族館もリピーターの方々が多数おいでになりました。


ありがとうございました!


最近はブログの開館予定を見て足を運んでくださる方も多くなり、

これからもブログにて開館時間をちょくちょく更新してまいりますので、

お越しの際はどうぞこちらをご確認なさってからいらしてください。


また本日は閉館間際に来られた方にとりましては、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。

どうぞまたおいでください❗️


それから、少しずつですがクラウドファンディングの方も寄付が集まってきている事にこの場を借りまして御礼申し上げます。


さてそんな中で本日、届いた本をちょっと紹介したいと思います。

それは

「侵略外来いきもの図鑑」



この本、私としてはか・な・りおススメです!!

まさに外来種ってこういう事だよ!
と私が日頃つねづね思いながらも来館された方にうまく伝えられていない部分を、
イラストやわかりやすい言葉でよく解説されており、このブログを読んでおられる方々にお勧めしたい本。
水族館では、32年もののカミツキガメを教育展示しているのでなおさら外来種について伝える使命を感じます。

当水族館のカミツキガメはこちら⇒ http://kyotohana.blog.shinobi.jp/Entry/1307/

細かくしっかりとルビもついており、小さいお子さんにお勧めです。


牧師なのに聖書をおススメしないで、、、なんて言わないでくださいね(笑




ボランティアを大募集しております!

この3月は、進学・就職でたくさんのボランティアが卒業され、大変人手不足となるシーズンです。

花園ジョイフル子ども会も花園教会水族館も例外ではなく、


ボランティアの人数が足りておりません。


どうぞ子どもに関わるボランティアに興味のある方はどうぞ一度ご連絡ください。

子ども会ボランティア
hanazonokodomo.wixsite.com/kodomokai/blank

水族館ボランティア
hanazonoaqua.wixsite.com/mysite/blank 


ボランティアしてくれた学生たちの声
●今年で卒業です。 6年間ほど関わらせてもらいましたが 色々な思い出があり非常に楽しかったです。 子どもたちは子どもたちなりの考えがあり、私自身考えさせられることが多かったです。
(Kさん)


●私がここにきたきっかけは小学校の教師になるかどうかを見極めたいと思ったからです。実際に関わることはとても難しかったですが、続けることで子どもたちの性格がわかってきたり、子ども会がどれだけ大切な役割を果たしているのか感じることができました。(Aさん)


●水族館ボランティアを卒業するSです。 このボランティアを通じて、たくさんの人と出会うことができました。また、つらい環境で生活する子ども達も動物とふれあったり、子ども会で友達と遊ぶことで心の拠り所になっているのではないかなと感じました。 ここでの体験は今後、僕の人生の糧となってくれることでしょう!(Sさん)

ボランティアの送別会が行われました!

花園ジョイフル子ども会・花園教会水族館は、多数のボランティアさんに支えられて運営されています。


今年はその中でも初期メンバーだった方も含めて11名の方が就職・進学でここを旅立っていかれました。



水族館は5年、子ども会は4年が過ぎました。


今の子どもスペースはまだガレージでした。

そのような中で最初の立ち上げの時から活躍してくださった学生さんたちが旅立っていかれるのは、やはり淋しいものがあります。


でも彼らにとっても彼らの道が、神より備えられています。

それを進んでいく事はとても大切な事であり、その事によって、よりたくさんの人に影響を与える事を考えるとき、この別れは新しい門出を祝うものであるとも思えます。




それぞれのボランティアの方々とはいい思い出が与えられたことを心から感謝します。


そして一番は子ども達にいい影響が与えられたと思うのです。



まだ彼らはそれを理解できていないと思います。



しかし、彼らが大人になった時には必ず子ども時代を振り返るときが必ず来ます。



その時にひとりぼっちだった時も遊んでくれた、話を聴いてくれたお兄さん・お姉さんがいた事を彼らは思い出すでしょう。



その振り返るときがその子にとっての苦しみの時であればそれは大きな糧・希望になると思うのです。



そんな彼らの人生の1ページに関与してくださったボランティアの皆さんに心から感謝いたします!



どうぞ、これからの新しい道が神様に祝福されたものとなりますように!



送別会では
ボランティア、子ども達双方がそれぞれ思い出を語り合い、



子ども達からは自分で作ったものをプレゼントしたり、

思い出にカメラを取り出して撮りあったりしていました。


また子どもバンドの演奏も披露されました。



最後に、子ども達の寄せ書きと子ども会からの記念品を贈呈し、送別会は終了しました。

「希望は失望に終わることがない」聖書:ローマ5章5節

感謝して!








花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




●水族館クラウドファンディング

こどもを笑顔にする入場無料の水族館を守りたい!


目標金額:5000000円
達成率:2%
支援総額: 96000円
支援者: 37名

2019年4月7日現在

<詳細>
こどもの笑顔を継続的に守れるよう、太陽光発電&蓄電装置の導入を目標(500万円)としています。(電気代による財政圧迫改善策) ご協力よろしくお願いします。

<詳細とリターンはこちら>

ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
03 2019/04 05
S M T W T F S
2 3 5 6
7 9 10 12
14 15 16 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

礼拝メッセージ集はこちら

絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[10/30 以前お世話になった者です]
[10/29 近所の者です]
[08/15 小河瞭太の母です]
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /