花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

「花園教会水族館」記事一覧

プラレールとコラボ!水族館の車窓から!

水族館の車窓から




花園教会水族館を見渡せる電車の運行です!!

この画像、、なんと!プラレールなんです。

プラレールの車両にカメラが2台ついており、

・運転席

・車両の車窓

からの視点で見る事が出来ます。

まだ試験段階ですが、来館された方々にも運転していただけるよう準備していきます!

ご期待ください♪


来館者の様々な表情ー表情を全く変えない子が、、、

花園教会水族館もリニューアルオープンしてから早半年が過ぎ、今年目標にしてた来館者1000名をお陰様でGWの前後で超えました。

感謝!感激!でございます。



それを記念してそろそろ水族館記念バッチの第2弾を作ろうかな~とも企画中です。

そして遠くは東京・神戸・名古屋からとはるばる来館されてさらに感謝!感謝!でありますが、

最近は地域の子どもだけでなく、学区外の子ども達のみの来館もしばしば見受けるようになりました。



これは結構凄い事ではないかと個人的には思っております。

自分の小学校生活を振り返ってみると、自分の学区以外に親なしで足を運ぶことはとても勇気がいる事ですし、外国にいくような感覚だったのを覚えています。

私の時代は、別の学区に行く事は、喧嘩上等!という感じでもありましたが、、、

いやー、そんな外国感覚の中で当教会水族館を選んでもらって嬉しい限りです!

先日は、中学生の2人組の来館がありました。

小学校の時によく来ていた子が友達を連れてきてくれたので、色々と説明してあげました。

しかし、顔色ひとつも変えず、

内心説明していて「全く興味がないのかな?面白くないのかな?」

と思いながらも、色々と説明、

特にカミツキガメが噛んだら絶対に離さないという事を実感してもらうために

【カミツキガメと綱引き!】

という他では絶対やっていないイベントをやったのですがそれでも顔色変えず。。。

そして帰っていきました。

自分的にはチューブを使った【カミツキガメと綱引き】は、『結構、面白いイベントだと思うんだけどなあ、、、なにがいけなかったのかな、、』

と自問自答してその日は過ごしました。


すると次の日、そろそろ閉館しようかと思ったときに

中学生のグループが
「まだ空いていますか?」

と声をかけてきました。


なんと、その声をかけた人物は昨日、全く顔色変えなかった子じゃないですか!?

「これが一番すごいんだぜ!!」

と、めちゃくちゃ笑顔でカミツキガメを友達に紹介していました。

前日の事柄がとても楽しかったようです。

人ってわかんないもんだなああ、と思いつつ、


様々な表情が見れていいもんだあ、としみじみ。



ちなみにアメリカの番組でカミツキガメが離さないのかを自分の手を噛まして実験した映像がありますので、よかったらご視聴ください。



さすが本場アメリカ!バカはホントにすこぶるバカですね!!



https://www.youtube.com/watch?v=F57z6ya-rnA&feature=youtu.be&t=6m20s
<リンク先>


ちなみに最後はアルコールで離させていました。

水族館・父の日・色々!

今日も水族館への来館や子ども会の子ども達が集まってきました。

多くの方々の来館・来会感謝です。



カミツキガメの紹介もし、カミツキガメと綱引き体験もしてもらいました(笑

どれだけ、噛む力が強いのかを知ってもらいました。


アメリカでは自分の手を噛ませた人もいますが(苦笑、、、

また明日は父の日という事で、教会では地域の子ども達を招き共に祝う父の日愛さん会が行われます。

父の日は教会から始まったのをご存知ですか?

父の日の創設者のジョン・ブルース・ドット夫人は、
【すでに他界したお父さんに感謝をささげる礼拝をしたい!】
という想いで始めたのです。

今日はその準備作業を朝早くからしてくださいました!



明日が楽しみです♪ 飛び入り参加もOKですよ!午後12時スタートです!


それから、水族館も色々とマイナーチェンジしています。


触れ合いルームの水槽にスジエビが思いのほか繁殖しています!


とても珍しいセマルハコガメの水族展示も始まりました!


クビナガガメの展示も行われ、愛嬌ある顔が人気です!

その他にもこんなマイナーチェンジを展開中!!



プラレール!?

出来上がりをお楽しみに!!

水中ラジコンカメラで撮影してみました!

花園教会水族館の水槽に

【水中ラジコン・カメラ】を導入し、撮影してみました。


狙いはカメラとVRゴーグルとを組み合わせて、実際にその水槽空間で操縦しているようにしたかったのですが、思いのほか、水中ラジコンの推進力が低く、今回は導入をあきらめました。


その代わり、ちょっと遊びで撮影したのが下の映像です。




子ども達にはせっかくなので操縦してもらいました♪

操縦者は小学4年生と5歳の子。結構うまく撮れています。




楽しんでいたようなので、それはそれでよかったです。

どんどん改良して、より楽しめるようにしたいと思います♪


そして今日は、東京から水族館に見学してくださった方がおられました。

本当に嬉しかったです。

はるばる遠くから本当にありがとうございました!


ちょっとずつですがチェンジしています!

花園教会水族館ですが、小さい・小さい水族館ですが、

それでも、他の水族館に負けない独自性・独創性で来館してくださる方に楽しんで学んでもらえるよう努力しています。


この度、カミツキガメが脚光を浴びている事もあり、水族館の玄関にドーンと水族展示しちゃいました!



これでカミツキガメが注目される事でしょう!



こんな「デンジャー」な亀ですが、希望でしたらこちらの指導の下、触ったり、持っていただけます。(正しい怖れ方・生態を学ぶ為)

※但し、15歳以上のみ。また混雑時などの諸事情がある場合、希望に添えない事もあります。

海外の警察に捕まったようなディスプレイです。

危険生物という事で、他に花園教会水族館にいる危険生物も一緒にディスプレイしちゃいました!



肺魚の「ジュニーちゃん」可愛い名前ですが、結構、威嚇します。


超巨大70㎝オーバーのデンキナマズ!



大人しいですが、ちゃっかり毒針を持っている淡水エイ(モトロ)

普通によしよししているんですが、、、油断してはいけない!


お待たせ!ピラニアです。



群れるタイプのピラニア(ナッテリー)


こちらは単独行動タイプのピラニア。




実はピラニアはきれいなんですよね。

歯に注意ですが、、是非とも水族館で確かめてみて下さい!


また将来的に楽しめるスペース作りも現在進行中!
 

小さいですが、水槽の前に小さい机を設置してみました♪

左側の水槽です。

ちょっとでもくつろげるように!

また右側には



生態動画をみれるモニターを設置!!

これからもよりビックリしてもらえる展示を考えていきます!

是非ともここでは、ただの飾り展示としてではなく、生き物がまさに命あるものであるという事を楽しく学んで、知ってもらえるように!!




カミツキガメをどうするかについて考える!

先日のテレビ番組『鉄腕ダッシュ』という番組で、カミツキガメを食べる「グルメ厄介」というコーナーがやっていました。

カミツキガメは結構、美味しいとの事。

亀は、日本ではあまり食べるイメージがありませんが、昔から中国などでは食べられていたので中国にお肉などを輸出できたらまた変わるかもしれませんね。

ある地域では日本でもかなり広く分布してしまった特定外来生物に指定されるといわれているミシシッピアカミミガメ(通称:ミドリガメ)を中国に輸出してはどうだ?という議論はあるようです。

こちらのお肉も美味しいとの事。


ただ実際は、外来種が増えるきっかけというのは養殖されていた生き物が、自然災害で養殖場が崩壊して逃げ出したという事例が多いのです。

・アメリカのミシシッピ川におけるハクレン。
・フロリダの湿地帯で増え続けるビルマニシキヘビ etc...


勿論、人間が意図的に放流するという例もあります。カミツキガメやヨーロッパオオナマズなどはそんな部類です。

ですからビジネスチャンスが生まれる時、その裏には必ず金儲けするために養殖しようとする輩もでてくるでしょうから、安易にビジネスにしてしまう事は危険でもあります。

ともあれ、テレビに出てきたカミツキガメは7歳程度の個体でした。

ちなみに花園教会水族館で水族展示しているカミツキガメは25歳ほどで頭から尻尾までは70㎝以上はあります。



正しく怖れていただくために、触ったり捕まえてもらったりという他ではできない体験ができます。


カミツキガメから生態を考える:京都新聞

2017年5月23日付 京都新聞にて

【カミツキガメ公開、生態系考える 京都・花園教会水族館】

が掲載されました。

デジタル版も閲覧できます。

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170523000024


京都での展示はここだけです。

実際に触ったりしていただきながら、生態を説明し、正しく怖れていただき、

生き物の生態系、そしてどのように人間が環境を管理していく必要があるかを考えて頂ければ幸いです。


是非ともカミツキガメに会いにきてください♪









花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 7 9 10
12 13 14 15 16
20 22 23 24
25 26 27 28 29 30

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
[01/13 丈達]
[05/02 stephano]
[03/27 イ・クメン]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /