花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

「支援活動【被災地・国際協力】」記事一覧

多様性の定義ってなに?-生き物から考えてみる-

現在、京都大学大学院にて色々と勉強させていただいていますが、

その中で『多様性』が話題になりました。


最近は、よく『多様性』という言葉が使われるようになりましたが、この『多様性』の定義とは何なのか?というのが今の私の疑問です。


私も礼拝のメッセージでもこの『多様性』という言葉を使う事があるのですが、色々と考えさせられます。

私たちがわかりやすくイメージできるのは『生き物の多様性』かもしれません。

私たちがイメージする『生き物の多様性』は、

【人間が介さないまだ手付かずの自然があり、そしてそこの環境に応じて進化してきた固有種がたくさんいる】

ではないでしょうか。

ですから、そんな環境に応じていない生き物が人間の手によって、どこからか連れてこられて環境を荒らす存在を外来生物と呼称して、そして

「そんな外来生物を根絶する事こそ善」

であるようなイメージが私たちの中にはあるように思います。


うちの教会水族館には、特定外来の『カミツキガメ』や『ナイルパーチ』がおり、外来種の『ソウギョ』、『ガ-』

この顔が悪者確定させている!?

なども水族展示していますがまさに彼らは環境を荒らす【悪役】になるわけです。


ただ、そんな私たちの持つイメージの「多様性」ですが、実は人間が介する多様性も私たちの身近には多く存在します。

その例が、朝顔です。朝顔はひとの介入によって多様性が保たれているいい例です。

朝顔は人間の意向によって多くの品種(100種以上)が作られ多様性が育まれています。

朝顔は日本人に愛されている花です。


そう考える時に、固有でないものは排除という考えに少し疑問も感じます。

少し前にメディアで、池の生態系が外来種に犯されているので排除するという番組が人気となりました。

よく考えると、この池も自然とできたものではなく、歴史的にみれば古くて2百年単位の新しいもの。

それを固有とみるのは、学術的にはナンセンスだと思いますし、強引にも感じますし、

その何百年かの中で外来種であってもそこで多様性が生まれているのは確かな事で、


そこに私たちの「多様性とはこうであるべき!」というイメージによって池の構造を考える事は浅はかにも感じます。

この番組でとっても問題だと思ったのは、

池の底をコンクリートで固めて水を澄んだものにしてしていましたが結果的に、番組で固有種といわれるナマズの繁殖に適さない環境になってしまった事です。



まだ私も多様性の意味を理解できていないですが、少なからず、

【無批判に多様性を受け入れる事の危険性】

【なんの研究もなしに多様性を批判する事の問題点】

を感じた次第です。

これは人間自身の多様化にも言える事なのかもしれません。

私は宗教者なので宗教的にもしっかりと考え・研究する必要があるように思いました。



これからもこの疑問を持ちながら、研究していきたいと思っています。


今回のぐだぐだした話にお付き合いいただきありがとうございました。

アフリカ研究:農村開発で思うこと 淡水魚との意外な接点も!

現在、キリスト教的な観点(西欧的なキリスト教的な観点ではなく)から日本のマイノリティのキリスト教からみたアフリカを見たいということで京都大学大学院にてアフリカ研究を行っているが、

ここではアフリカの農業についても勉強している。


面白いことに、アフリカの農業を勉強しているけれども、淡水魚との関わり・生態なども関連されており、とても興味深い。

なので、アフリカのキリスト教研究をしつつも、生態も研究できており私としては一石二鳥なのだ。

以前、農村開発で思う事についてレポートを提出したのでこちらで公開する事にする。

まだまだ机上なので、どれだけ実践に近づけていくかが今後の研究課題だ。

生業生態論のレポートより

【アフリカ農村開発で思う】

http://file.kyotohana.blog.shinobi.jp/0c56993f.pdf




今回の物資支援プロジェクトで見えた課題

熊本地震に対してJNCMの主導のもと、物資支援プロジェクトが敢行された。

プロジェクト自体の報告はすでに行っているので、今回は都市型災害の観点から報告をしてみることとした。

さて今回の災害はいわゆる都市型の地震災害で、東日本大震災の災害とはまた違う。

東日本大震災では津波による死者が9割を超えたが、今回は圧死がほとんど。

その意味で阪神淡路大震災に類似しているといえるかもしれない。

ただ今回は不幸中の幸いにして、火事における死者数が多くなかったことだろう。

これは、熊本と阪神大震災のときに被害の大きかった長田区や灘区とは、都市構造が違っていたことに関係している。

阪神大震災では家が密集していたため、火事が一気に広がり被害がより拡大した。

今回、熊本入りして感じたことは、家と家との間隔は大きく開いているため、崩れている家屋とそうでない家屋が隣通しになっているところも多かった


しかし、そうであっても震度7の地震が二回も起こり、多くの家屋は傷ついた



 

二回目の地震の方が揺れがきつく、熊本教会の天井も2回目の地震で崩落した。


 

想像を絶する大きな揺れに、あるマンションのエレベーターの籠が鉄球のごとく振り子のように動き、

周辺の壁をボコボコにしてしまい、マンションが崩れるのでは?という事態となった。

 

そこに住んでいる住民は崩壊の不安と恐れから、日中片づけの作業を行い、夜は車中泊する人も多いのだ。




また仕事のある人は車から出勤して、車に帰宅する。そんな苦しい生活を強いられている。


これを根本的に解決することはかなり困難と言える。

仮設住宅の建築も早急にしながらも、避難所は飽和状態でもあり

・車中泊している方への保健師の声掛けというのも必要だと感じるし、

・少しでも体を横にして眠るために、テントの貸し出し・もしくは大きいテントで寝る場だけの提供なども必要ではないだろうか。

しかし実際問題として人員が足りてないという事実あり、難題だ。

今回、熊本教会に物資を運んだあと、どのように自宅避難者に物資を配ればいいか相当に悩んだ。

 


通常は物資は行政に提供する事が多い。

しかし、行政は公平性の観点から臨機応変の対応が難しい。

例えば、物資が市役所に在庫があるとして、そこに個人で物資がほしいと嘆願しても

「避難所で配布しているので、避難所でもらってほしい」といわれるのが常である。

しかし、避難所は避難所でこれも公平性の観点から、物資をもらうために並ばなければならない。

これは一見正しいように思える。

しかし、高齢者・知的障がい者・足が不自由な方などにとってはほぼ無理に近い。

そういう方々は避難所を敬遠せざるをえず、今回の地震でもその敬遠によって自宅に帰り、余震で家が崩れその下敷きになり命を落とされた高齢者もおられたようだ。




このようなときのために、日頃から地域や自治会ではただただ防災訓練をするだけではなく、

どのように弱者に対して支援するかを話し合ったり、そのためのコーディネーターを置いたりする事が求められる。

ただ自治会なども世代間ギャップや高齢化などでそのめどはたっていないのが現実だが、、、


今回、インターネットのSNSも活躍するツールとなった。

しかし、今回SNSを利用した筆者の意見としては、

「未確認情報が多く、惑わしにもなった」

というのが率直な感想。

またシェアやツイートされた情報が古い!というのも多く、困窮している自宅避難者を見つけることはできなかった。

そして、SNSで発信できるところは、物資が余るほど来て、SNSで発信できないところは物資が来ないという支援格差も生んだ。

SNSを利用できないところは、高齢者のコミュニティが多い。

そんな中で今回繋がった、宇城市。

そこで活動されていたのは宇城市のコミュニティをよくしっておられる真宗大谷派の光照寺の副住職の方だった。


(糸山氏自身も被災者、外部の人間が支援が大いに必要だ)

副住職の糸山氏の紹介で、宇城市のコミュニティや老人ホームに物資を届けることができた。


効果的な物資支援を行うためには

【どれだけ地元の事を知っている方と繋がることができるか?】


行政は公平性の弊害によって物資支援には限界があり、

民間であっても外部から来た人間が物資を配布するのには限界がある。


その意味で地元と深く関わっておられる宗教者のネットワークの重要性を知らされた次第だ。



SNSの限界について先ほどは語ったが、逆にSNSの今後の活用方法として思わされたのは、


情報処理を行う後方支援の存在だ。

物資を運ぶものにとって、被災地に入ると多くの情報が入ってくる。

そこには未確認情報も多く入ってくるため、情報の裏づけが必要となる。

しかし、物資を搬入したり・運転しているものにとってそこまで処理が回らない。

そこで今回はSNSをつかい、情報の確認・仲介なども複数の方々にお願いした。

 
これはとても効果的で、そのおかげで熊本市北区役所に物資の搬入ができた。


また物資を効果的に配布するための支援団体のネットワークもこのSNSを通して行うことができた。

熊本YMCAとのネットワークだ。


 

 

これをまとめてくれたのは京都大学YMCA地塩寮のOBで学生YMCAの関係の中島氏。

実行部隊が効果的に動くためには、どれだけ後方支援が情報を処理できるかが今後の災害における支援のカギと言える。

 

  
今回、我々は緊急車両として認められて、当時まだ一般車は通る事ができなかった高速を通る事が出来、早く被災者に物資を届けることができた。

また今回のプロジェクトで思わされたのは、被災者弱者である子ども達の存在である。

あまり子ども達がクローズアップされた報道はない。

報道では、大人を励ます子ども達の笑顔が放送されることもあるが、


しかし、子ども達も傷ついているのには変わりはない。

そんな子ども達のケアをどうするのかも今後の課題と言えそうだ。

こどもの施設は、閉まっていた。

当たり前かもしれないが、東日本大震災では、お店がひとつ営業しただけでも被災者にとって大きな希望になった。

子ども達にとっても希望となる場所が必要であると思う。

子ども達の目の前にある現実はこうなのだから。
     




   


 



熊本の復興をひたすら願う。





熊本地震支援活動レポート(簡易版)

先週は、熊本地震における災害支援「水」プロジェクトを行いました。

その詳しい内容については後日、報告いたしますが、

ツイッターやフェイスブックなどでリアルタイムで報告した内容を教会の方がまとめてくださったので今日はそちらで少し報告させていただきます。

まだまだ予断をゆるさない状況ですがどうぞ熊本地震で被災された方々のためにお祈りください。

    
  
  
  
  
  



熊本地震:物資の搬入 その1 それぞれのできる支援をしてくださいました!

夕方より、4トントラックを借りました。

最近の4トラはでかいんですよね。




早速、災害支援のプレートを貼りました。



夜は水の搬入でした。イオンさんやライフさんに手伝ってもらいました!


整理は教会の方が夜遅くまで作業をしてくださいました。感謝!


花園教会の道は狭く、4トラが入らないので近くのスーパー:ライフさんが駐車場を貸してくださいました

皆さんに、自分に出来る支援をほんとにしてくださいました。


 
また近隣のお米屋さん「でぐち」よりお米150キロの提供がありました。

熊本の皆さんが使いやすいようにと「無洗米」を準備くださり、

配布しやすいように2キロずつに袋詰めをしてくださいました。

本当に感謝いたします。

また隣のおばあちゃんが

「これどうぞ」

と、12キロもある水をおばあちゃん二人で教会に届けてくださいました。

ただただ感謝!感謝!です



どうぞ無事に、必要な場所に物資が届けられるよう、事故がないようにお祈りください。



支援物資と子どもの手紙を届けます!

今日はトラックを借りて、水の積み荷をする予定です。


教会でも支援物資のお願いをしたところ自分の家の備蓄していた水・また調達してくださいました。



近隣からも届けてくださり心から感謝いたします。

また、子ども会の定例会では被災地:熊本の子ども達への折り紙をおり、そしてメッセージを描きました。





熊本についたら子ども達に手渡しできればと思っています。

被災地のうえに主の守りがありますように!





なんで物資が届かない??避難所の考え方・自宅避難者の支援の問題。

今回の熊本の地震で大きな課題となっているのは、物資が届かないという問題。

被災していない周りからみれば、なんで??と思われるかもしれない。

私が東日本大震災で避難所支援をしたときにもこれは大きな問題だった。

たぶん今の熊本でも同じ問題がでつつあると思うので記述してみる。


避難所には、指定避難所・準指定避難所・避難所(自主的もしくは公民館などの町内)、そして自宅避難に分けられる。

基本的に、行政がかかわるのは指定避難所と準指定避難所。

そして物資は指定避難所から準指定避難所へと供給されていく。


基本的に避難所と自宅避難には供給されない。


それはなぜか?というと、

避難所にいる人の数が把握できないためだ。

・人数は?男女比率は?子ども・高齢者は?など。


○避難所でのこの役割をするコーディネートの人員が不足している。

○そして避難所の意見をまとめるコーディネートも不足している

自宅避難はその最たるもので、戸別訪問しなければならないため、それに人員を割くことが難しいのと流動化することもあるので把握が難しいためだ。

そして行政の場合、公平性の観点からも避難所にいる全員に配布しなければならないという要因も重なり、物資の供給は遅れる。


今後、この2か月くらいで大きな問題になってくるのは、避難所にいる人と自宅避難をしている人の支援格差が問題になるだろう。

なので、行政に物資を供給することも重要ではなるが、物資が配られない避難所・自宅避難者への支援も本当に必要だ。

民間はぜひともここを重点的にお願いしたい。

行政頼みでは限界がある。

以前昔、同志社大学で講演した時の「
東日本大震災で問題になった事柄を」スライドを添付(抜粋)する。

今回はそのような事がないように祈るばかり。

            






花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 7 9 10
12 13 14 15 16
20 22 23 24
25 26 27 28 29 30

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
[01/13 丈達]
[05/02 stephano]
[03/27 イ・クメン]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /