花園教会 in 京都

災害支援・地域支援・バックヤード系水族館を運営するキリスト教会

「花園教会水族館」記事一覧

サルでもわかる特定外来生物飼養許可申請の仕方!!

来年の4月よりアリゲーターガーに代表されるガーパイク系の魚たちは特定外来生物に指定されます。


ですから現在、飼育している方々は環境省に飼育の許可申請を来年4月より受けなければなりません。

しかし、その書類が面倒だ!とつぶやく人も出てきているように思いますので、今回わかりやすく申請の仕方をご説明します。

ですから申請が面倒くさいからといって絶対に、近くの川や池などに放流はしないでくださいね。

さて、まずは申請書の書き方から。

申請書は、環境省のHPよりダウンロードできます。

ここからどうぞ


上記の申請書の例を沿っていけば問題ありません。

大切なのは「水槽の大きさ」・「何匹かっているか」です。

また注意する点は、申請書にある【種類】の項目です。

※現時点ではまだどのように記入してよいかわかりません。

特定外来生物に正式に登録されると以下のURLのように名前が決定しますのでそれを参考にして記入します。
⇒ https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/list.html



そしてこの申請書に加えて4種類の資料が必要となります。
ここでの目的は、【愛玩】つまりペットとして飼う事なので必要な書類は

■①施設の図面
■②敷地内における施設の位置図
■③縮尺1:5,000以上の概況図     
■④施設の写真
それではひとつずつ見て行きましょう。

①の【施設の図面】というのは、水槽の図面です。



ここで大切なのは、飛び出さないように何を使って重しにするかです。
記入例の場合、アクリル板になります。



続いて
②敷地内における施設の位置図 というのは家のどこにその水槽がおいてあるか?という事。


家の図面があればそれを活用すると早いです。無くてもある程度、家の大きさと場所がわかればOK。




■③縮尺1:5,000以上の概況図については

グーグルマップで自分の住所を検索し、1㎝:50メートルと表示されればそこに自宅のスタンプなどをつけて見つけやすくし、余白に「縮尺1:5,000以上の概況図」と書き、印刷しちゃえばそのまま使えます。



■④施設の写真は実際につかう水槽の写真を貼りましょう!



これで資料作りは全部です。

あとはそれぞれの地方の環境省の野生生物課に送ります。

約1か月ほどで許可申請書が届きます。


意外に簡単です。是非ともチャレンジしてください。

わからない事は最寄りの環境省の野生生物課に連絡しましょう!

詳しく教えてくれます。



水族館をちょっとマイナーチェンジ!

花園教会水族館ではちょっとだけマイナーチェンジしました。


特にひとり&ガイドがいなくても水族館が楽しめるように【生き物のクイズ】がやりやすいようにセッティングしてみました!

 

特にこんな人にやってもらいたいです!



・結局は個人レベルで胡散臭いでしょ?と思っている方
・水族館なんてうたっているけど、実際どうなのよ?と思っている方
・こんな小さいスペースに珍しい生き物がいるはずがない!と思っている方
・ガチ見学しようとしている方
・せっかく来たんだし、とりあえず主な生き物は知っておきたいと思っている方
是非どうぞ!!
ちなみに
<休館のお知らせ>12月2日(土)は勝手ながら『子ども会課外イベント』のため、水族館は休館させていただきます。


サンシャイン水族館の悲劇を考える一考察

昨日、サンシャイン水族館のメイン水槽の9割が死ぬという大変痛ましいニュースが入ってきました。

ニュースはこちら☛ http://www.hochi.co.jp/topics/20171109-OHT1T50247.html

これは実はほかの水族館でも対岸の火事ではない事は明白。

酸欠が直接の原因という事ではあるが、ただ状況としては

1.白点病を治すための薬を使っていた

2.薬を吸ってしまうろ過装置(多分:活性炭)を止めた
追記:プロテインスキマーを止めたとの報道、、、

この2点がとても重要だと思われます。

薬を吸ってしまう活性炭のフィルターを止めたという事はアンモニアが上昇します。

そしてこれを除去する目に見えないバクテリアも爆発的に増えるのです。

そうすると酸素を消費します。

そうすると酸素がいつも以上に必要なるのです。

ただ酸素の供給量はこれまでと同じだったと思われるので水に含まれる酸素濃度はかなり低下したことになります。

今回、シュリンプが全滅という情報もあるようですから、その可能性は大です。

シュリンプは酸欠に非常に弱いし、アンモニアにも特に弱いです。

また海水は淡水と違い、酸素を取り入れにくいのでろ過装置がその役割を果たしていたとみられます。

それが停止したのだから酸素濃度がより低くなったと予想されます。

そして今回、底辺にいた魚は生き延びたという事からもわかるように中間層の魚は底層の魚より酸素を必要とするので、中間層の魚は全滅だと思われます。


一番ここで大切なはバクテリアとひとくくりでいっても何千・何億のバクテリアが空気中や水中に存在します。

人間が発見したのはほんの一握りで、バクテリアはほぼどのような作用がされているのかわからないのが現実です。

そのような未知の中で飼育・展示する以上、何が起こるかわかりません。

そのことをぜひ多くの人たちに知ってもらえながら、水族館にいって生き物の展示自体が素晴らしい事に気付いてもらえたら幸いです。



うちの水族館には体長60㎝のスポテッドバラムンディが仲間入りしました。




<お知らせ>

<お知らせ>

日曜日の花園教会水族館の開館は台風接近もあり、安全を考慮し中止させていただきます。

土曜日につきましては通常通り行います。どうぞ宜しくお願い致します。

日曜日の子ども居場所支援も中止させていただきます。




本日ラジオ放送されます!!

おはようございます。突然ですが告知です。

本日『花園ジョイフル子ども会&水族館の取組について』に本日京都ラジオにて放送されます!!

朝9時50分頃、インターネットでもラジオでも聞けます!京都周辺の方は是非ぜひ!!

 
http://radiko.jp/#!/live/ALPHA-STATION


今週末の花園教会水族館

今週末は台風の影響でずっと雨だそうですね。

先週からずっと雨で、嫌な感じです。


そんな雨模様ですが、今日も多くの子ども達が遊びに来てくれました。

ちょっと掃除中だったので大変でしたが、、、(汗

それから、水族館のドアを自動ドアに改良しました。引き戸専用ですが、、、

子ども達は言っても言ってもドアを開けっぱなしにしますので、、、





明日土曜日は、通常通りの開館です。ガイドもおります。


日曜日は、通常通り開館しておりますが、ガイドは3時から不在となります。

ご了承ください。以上よろしくお願いいたします。




宍道湖のほとりにある水族館 ~出雲訪問その2~

今回、島根県出雲市を訪問させていただいた際、少し時間を作って

今から10年前にできたという宍道湖のほとりにある水族館【ゴビウス】に行きました。

勿論、私が住んでいるときにはなかった施設なので、情報源は水族館ブロガーの方の水族館リストです。

Twitter上で色々とお世話になっている方【かめきちかめぞう】さんで

http://kame-aquarium.blogspot.jp/

に水族館リストが載っています。


http://kame-aquarium.blogspot.jp/p/blog-page.html

わたしも出張で時間が取れる際は、こちらを参考にしながら他の水族館を見て回っています。


私が水族館を回る目的は、

〇各水族館の展示方法や工夫
〇魚の混泳状況
〇その水族館の学芸員・博士号を取った方が執筆している企画展示の解説書の入手
〇一般の方向けワークショップや展示物の解説書(A4タイプ)の入手

以上の4点です。これらを参考にしながら花園教会水族館を向上させていきたいと考えています。

さて、今回の水族館は出雲市内から一畑電車にのって約30分のところにあります。


電車は一時間に一本しかなく、周りにコンビニ等はありませんので必ず出雲駅などで準備していきましょう!

私が水族館を回っていた時にある子どもが、

「ねえ、ここに電車で来る人いるのかな~?」

と、現地の子どもが質問していたくらいに辺境の地にあるのです。

どれくらいかというとこんな感じ、、、


駅は勿論、無人。


駅からみた水族館。。どこか?って写真のおくーに見える建物

それ以外は一面田んぼです。

当日はあいにくの雨。折り畳み傘をもってホントによかった!

さてそんなこんなで水族館に到着。


入ってみると、

斐伊川の鮎がお迎え。


入場料大人500円を払って見学していくと、

すぐにガラス越しになんと【ワニガメ】と【カミツキガメ】と【ミドリガメ】がお出迎え。

ガラス越しでスマホ写真なので大変見づらいですが、ミドリガメは甲長40cmほど。

カミツキガメは見えませんでしたが、ミドリガメと混泳していてビックリしました。

うちじゃあ、ちょっと勇気が持てません。

ワニガメはおそらく甲長50㎝ほどじゃないかな。。。

ともあれ、この驚きの混泳展示を見た後は、


床の下に臨む鯉の群れ。地味にとっても綺麗でおしゃれ。

今までの床から望む水槽としては一番きれいだったんじゃないかな? 


宍道湖・中海と繋がっており、淡水域と汽水域と海水域があります。

これ実は結構、面白い生態系を形成しています。

ですから展示も淡水域の魚~海水域の魚が展示されており、とても興味深い。

ちなみに宍道湖は日本で3番目に大きい湖です。

この特殊な環境だからこそ、ミネラルをたっぷり含んだ宍道湖のシジミは美味しいし、体にいいんですよね。

少しこの事を頭に入れて展示を見ていくと面白さが深まります。


ちなみに私個人的にこのイカの展示がおススメ!

タコの展示は見た事あるけど、イカの展示はあまり見た事がありませんでした。


まさに多様性。。。


ウキゴリがめっちゃ大きかった!


宍道湖にもブルーギルやブラックバスがいるんですね~。ただ汽水域もあるから琵琶湖の様に全体に広がる事はないんでしょう。


この水槽展示も面白かった。この2層式は考えられていますね。

右の水槽写真は真ん中が、カメ水槽。珍しい。

そして上の水槽は

天然記念物なんですね。金魚にも天然記念物がいたとは驚きです。


このカエルの展示も最初は偽物かと思っていました。

宝石みたい。うちでもこの展示はやってみたい!!


こっちのカエルちゃんも近かった。



ふれあい水槽です。
ザリガニとの触れ合い、、、!?

しかもここのザリガニ近くの田んぼからとってきたのか! めっちゃでかい!!


これ、ふれあいというより、肝試し水槽が正しいです

案の定、あるお父さんがザリガニの餌食に、、、

こういうふれあいも斬新で面白い。

来年うちも大量にザリガニを取ってきてやってみようかな(笑


ここでのもうひとつの見ものは、【マツダイ】ですね。

ダトニオに似ており、一時期はマツダイとダトニオは同じ仲間と言われていましたが、
今は研究が進み、別種であることがわかっています。

ただ、風貌が似ているのでスーパーダトニオとして今でも売ろうとする悪質アクアショップもあるようです。

ですから完全な海水魚ですが、汽水種として売り出しているようです。気をつけましょう!

最後の水槽は両側にあります。

左は外来魚の大型魚を展示。

その中にはアリゲーターガーも、、、なんだか全体的に右側に曲がっていました。

たぶん、捨てられていたところを保護したのだと思います。

ソウギョもきれいでした。。。

規模は中規模でしたが、ちょっと勉強していくとより楽しむことができる水族館でした!

出雲市も私がいた時よりも、たんぼがめっきり減って、近くで生き物と触れる機会はホントに少なくなっておりこのような水族館が存在意義をもつんですよね。

生き物は感じるもの⇒見るもの 

にここでも変わってきている事を知りました。

30年前の記憶でストップしていた出雲のイメージだったのでなんだか淋しさを覚えますが、これが都市化ですし生活の向上でもあるのです。

生活と自然はまさに反比例。

生活の向上があれば、それだけ自然も減少する。

これは私が見てきた国々でも同じような状況です。

確かに生活の向上は必要です。

ただ私たちがその事で失っているものもある。

そこをどう考えていくのか? 

いま私たちの知恵が試されていると思います。

ちなみに、京都は生活の向上から観光都市にシフトしており、観光1流・暮らしは3流と言われています。

子どもが遊べる場所がどんどん減っています。


そんなことを考えながら、いやー行けてよかった♪

と思いつつ、また無人駅に向かう私でした。


★ゆっくり見たい方はレンタカーなど車で行った方がおススメです。

電車だと一本乗り過ごすと1時間後、、という時間を気にしてあまりゆっくり見れません。



花園教会ってどんなとこ?

主日礼拝:毎週日曜日
10:30~12:00




『魚の生命維持システム』開設募金のお願い。
ご寄付受付口座
<ゆうちょ>
口座番号: 00940-4-332099
口座名:花園教会水族館

<他行からの振込の場合>
店名:099
預金種目:当座
口座番号:0332099
インスタグラム@hanazonoaqua
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
4 8 9
11 13 16 17
18 19 20 21 23
25 26 27 28

礼拝メッセージ集はこちら
貴方に届けたいメッセージ集へ
絶望のあるところには希望を


皆さんからのコメント
[10/30 以前お世話になった者です]
[10/29 近所の者です]
[08/15 小河瞭太の母です]
[06/08 波田純]
[03/25 中山]
Copyright ©  -- 花園教会 in 京都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by /